札束

相場

慰謝料の請求をする場合には弁護士を介して裁判を行う事になります。
慰謝料の金額は離婚に至った直接原因の内容・結婚の期間の長さ・相手の財力や収入など、様々な事例を総合的に考慮したうえで決定されます。
一般的な相場は100万円から300万円以内に収まる場合が多いようです。
裁判を有利に進めるためには証拠が多いほうが良いのでできるだけ証拠を集めておきましょう。
お金が絡む問題は当人同士だけで話し合うとこじれることが多いので、弁護士を介して行う事をオススメします。

お金

浮気による精神的苦痛

離婚の原因というのは色々ありますが、大きな要因のひとつとしては浮気があります。
男性だけの問題と思われていましたが、最近では女性が浮気をあ売るというケースも多くなっているようです。
離婚の際の慰謝料は離婚による精神的苦痛に対して支払われるお金ということになります。
難しい表現になりますが、離婚による精神的苦痛に対する損害賠償と思っていただければよいでしょう。
離婚問題は色々と難しいので、冷静に対処するために弁護士に相談することが多いようです。

慰謝料について
離婚の際の慰謝料については、浮気や暴力などの離婚に至った直接的な原因による精神的苦痛に対する場合と、離婚をすること事態で生ずる精神的苦痛(例えば離婚によって配偶者ではなくなる)に対する場合の二つに分かれます。
ちなみに離婚にたる原因行為としては先に挙げた浮気や暴力のほかに結婚生活の維持への不協力や性交渉の不存在などがあります。
原因行為は弁護士が離婚問題で裁判を行う際に重要な要因となります。
なお、離婚の原因が自分にある場合には逆に請求されてしまうような場合もあります。

カップルのシルエット

浮気の定義

誰しもが、慰謝料を支払うことになる可能性があることを常に忘れてはいけないといえます。
特に多いのは、男女間の恋愛関係の問題であります。
とりわけ、夫婦間においては浮気という言葉で表現されます。
浮気といっても特に定義があるわけではなく、好きだと感じたらそうであるという人もいますし、一方では一緒に夜をともにしたらそうなんだという意見もあります。
それが、相手にバレてしまい、離婚となり、そこで発生するのが慰謝料の問題です。

夫婦それぞれの環境
現在においては、夫婦の場合、互いに夫・妻以外に仲のいい異性がいる人が大半だという人もいます。
明確なデータがあるわけではないですが、確かに結婚後においても夫婦ともに異性にめぐりあう機会は多く存在します。
男性に関しましては、特に変化はないかもしれませんが、女性においては、子育てが一段落すると、パートなどで、働く機会を得るとその職場での出会いが浮気に発展するケースも多くあるといわれています。
皮肉な結果であるというこもできます。

慰謝料の相談
実際に浮気が発覚し、離婚問題に発展し、慰謝料を請求する場合はやはり後々のことを考えて、弁護士に依頼する方も多くいます。
やはり、慰謝料の金額などは、法律の専門家に委ねたほうが得策といえます。
その相手の社会的地位や年齢などによっても金額は変わってくるといいます。
いずれにしてもお互いが、それ以降の人生を有意義に過ごすことができるように後悔することなく話し合い、解決することが大切です。
これだけ価値観も多様化している時代ですからいろいろな人生があってしかるべきということができます。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

September 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930